2015年08月14日

暑中お見舞い申し上げます。

 7月23日から始まったそばの播種作業が29日で終わりました。今年も猛暑のなか、およそ13ヘクタール(13町歩)の畑に、一度に6列蒔くことのできるロール式播種機を、大型のトラクターで牽引しての作業でした。ひすいそばを1、6ha、ひたちあきそばを0、7ha、きたわせを0、2ha、信州おおそばを0、1ha、主力の信濃1号を10、5ha蒔きました。
あとは、土手の草刈り、草むしり、追肥、など生育環境に気配りをしますが、何と言っても天候頼みです。収穫まで平穏なことを祈っています。
 春先から4〜5回ほど、施肥をしながら耕し、草退治もして土づくりをして来ましたので、収穫量も多く、そして、品質の良いものを、皆様のもとにお届けできることを期待して、待ち望んでいます。(あまね)

春の耕起(草対策)5月29日
27年度耕起(草対策).JPG
播種(ひすいそば)7月23日
27年度播種(ひすい).JPG
芽吹き(ひすいそば)8月3日
芽吹き(ひすい)1.JPG
posted by NPO法人 小諸 高峰・森の会 at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。